メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本の世論2019 毎日新聞・埼玉大共同調査 松本正生・埼玉大学社会調査研究センター長の話

=長谷川直亮撮影

世代間の相違少なく

 今回の調査では、消費税や社会保障、あるいは天皇の男系、女系など、若い人と中高年の人の間で違いが出そうな質問を多く採用した。しかし、通常あるべきライフステージに応じた相違は確認できなかった。

 わずかに違いが見受けられたのは、外国人労働者の増加や選択的夫婦別姓の評価に関する、70歳以上と60代以下の間の相違に過ぎなかった。「意識の均質化」が示唆されよう。若年と中高年との意見の対立や価値観の相克がある方が、社会としては当たり前だ。この社会は健康だと言えるのだろうか。6…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです