メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本の世論2019 毎日新聞・埼玉大共同調査 社会の多様性、前向き(その2止)

「祝賀御列の儀」で沿道の人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下=東京都千代田区で2019年11月10日、宮武祐希撮影

 平成から令和へと時代が変わり、天皇陛下より若い皇位継承者は皇嗣(こうし)の秋篠宮さま(54)と長男悠仁(ひさひと)さま(13)の2人だけになった。安定的な皇位継承のあり方をどう考えるかは、制度の存続に関わる喫緊の課題だ。

 皇室典範は1条で「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」と定めている。父方が天皇の血筋である男子の皇族が皇位を継承し、天皇の子どもであっても女子は継承できない現行制度について、四つの選択肢から一つだけ選んでもらった。

 「男子がいない場合のみ女子の継承を認める」が40%で最も多く、「男女にかかわらず、天皇の第1子の継承を優先する」が34%で続いた。条件の有無はあるものの、この二つを合わせると74%で、4人に3人は女性天皇を容認している。「男子の継承を維持すべきだ」は12%、「わからない」は13%だった。

この記事は有料記事です。

残り5046文字(全文5417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです