メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乾杯!世界のどこかで

娘のように大切に育てて 中国・紹興、黄酒「女児紅」

30年ものの黄酒の老酒を大切そうに注ぐ車頼さん=中国浙江省紹興で11月9日、浦松丈二撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 中国で最も古い酒とされる黄酒(おうしゅ)。中国浙江省紹興市一帯では、娘が生まれると黄酒を仕込み、娘が嫁入りする時に客にふるまう風習がある。その酒は「女児紅(じょじこう)」と呼ばれ、酒がめの封を切ると、何とも言えない甘い花のような香りが広がるという。嫁入りの酒、女児紅を探しに紹興を訪ねた。

 浙江省の中心都市・杭州から車で1時間。紹興市中心部には「黄酒」の看板が目立ち、甘い酒の香りが漂う。…

この記事は有料記事です。

残り1681文字(全文1892文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです