メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

正月にぎわす「出世魚」 鹿児島・養殖ブリ出荷最盛期

ブリの重さを計り、流れ作業でトラックに積み込む長島の漁業者=鹿児島県長島町鷹巣の薄井漁港岸壁で2019年12月18日午前8時半ごろ、降旗英峰撮影

 鹿児島県長島町は全国屈指のブリ養殖産地。「鰤王(ぶりおう)」のブランド名で北米、欧州など約30カ国にも輸出されている。ブリはヤズ、ハマチ……と成長に連れ呼称が変わり、「出世魚」として正月をにぎわす。書き入れ時を迎えた長島町と、長島ゆかりの“日本一”の飲食店を訪ねた。

 「5、6、4・5」。師走の朝、八代海を望む長島町薄井漁港に漁業者がブリの体重を量る声が響いた。いけすから重さ約5キロに及ぶ豪快なブリをすくい、計測後は梱包(こんぽう)して大型車に積み込む。町内の東町漁協によると、注文が集中する年末は通常の2・5倍の150人で出荷にあたる。

 「長島の海は潮流が毎秒3・5メートルにおよび、ブリの肉質が引き締まる。養殖に最高の漁場で、天然ものよりおいしい」。長元信男組合長(72)が多忙な合間を縫って話を聞かせてくれた。

この記事は有料記事です。

残り800文字(全文1160文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです