生産性アップに「IoT」活用 イチゴ生産の実証試験 青森

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
青森県八戸市農業経営振興センターのいちごハウスに設置されたIoTセンサー装置
青森県八戸市農業経営振興センターのいちごハウスに設置されたIoTセンサー装置

 青森県八戸市はNTT東日本と共同で、あらゆるモノがインターネットでつながる「IoT」を活用したイチゴ生産の実証試験を市農業経営振興センターのいちごハウスで始めた。県内最大のイチゴ生産地の市川地区では高齢化などにより生産者が減少しており、試験を通して生産性の向上に結びつけたい考えだ。

 同地区では、1955年ごろから本格的な生産が始まった。最盛期の83年に…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

あわせて読みたい

ニュース特集