メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「お世話になったお礼に」厚労省医系技官、山口の離島診療所支援 東京から月2回診療

来月から第2、4土曜日の診察を再開する祝島診療所

 山口県上関町の離島・祝島の診療所で2020年1月11日から、厚生労働省国際保健企画官の喜多洋輔さん(45)が診療を支援することになった。喜多さんは16年4月から県に3年間出向し、健康増進課長、健康福祉部審議監を務めている。喜多さんは「家族も含めお世話になった山口県に貢献できれば」と話している。

 祝島では18年度まで柳井市内の開業医が毎週水・土曜日の2回、来島し、非常勤で診療に当たっていた。しかし、担当医師の負担軽減の必要も…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  5. WHO、新型肺炎の世界的流行を認定 危険性評価「非常に高い」へ引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです