メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冷凍食品100年 暮らしあたためて

冷凍食品は「手抜きじゃない」 1人暮らしや高齢世帯増も後押し コンビニにも進出

社内のミーティングスペースで同僚らと昼食をとる山田潤さん(右)=大阪市のIT企業フェンリルで2019年12月(本人提供)

 自宅の冷凍庫には、チャーハンやカット野菜などの冷凍食品が常備されている。大阪市のIT企業に勤める山田潤さん(30)は毎朝、昼食用の弁当を作って出勤する。冷凍食品は欠かせない。ある日は鶏のから揚げとエビグラタンを使い、自分で焼いた卵焼きを添えた。妻(30)は育児休業中で、「里帰り出産で妻がいなかった間、仕事が忙しくて夕食はほとんど冷凍食品で過ごした。冷凍庫に買い置きがあると思うと、気分が楽になった」と語る。

 冷凍野菜も活用する。生のサトイモは、泥を落としたり皮をむいたりする手間がかかるので便利だ。ホウレンソウはカットされているため、解凍すればすぐに食べられる。

この記事は有料記事です。

残り3190文字(全文3473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです