メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冷凍食品100年 暮らしあたためて

冷凍食品は「手抜きじゃない」 1人暮らしや高齢世帯増も後押し コンビニにも進出

社内のミーティングスペースで同僚らと昼食をとる山田潤さん(右)=大阪市のIT企業フェンリルで2019年12月(本人提供)

 自宅の冷凍庫には、チャーハンやカット野菜などの冷凍食品が常備されている。大阪市のIT企業に勤める山田潤さん(30)は毎朝、昼食用の弁当を作って出勤する。冷凍食品は欠かせない。ある日は鶏のから揚げとエビグラタンを使い、自分で焼いた卵焼きを添えた。妻(30)は育児休業中で、「里帰り出産で妻がいなかった間、仕事が忙しくて夕食はほとんど冷凍食品で過ごした。冷凍庫に買い置きがあると思うと、気分が楽になった」と語る。

 冷凍野菜も活用する。生のサトイモは、泥を落としたり皮をむいたりする手間がかかるので便利だ。ホウレン…

この記事は有料記事です。

残り3218文字(全文3473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです