メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冷凍食品100年 暮らしあたためて

20年超える「チャーハン戦争」 追求し続ける「本物の味」

冷凍食品のパッケージには、味や食感などの特徴をアピールする言葉が並ぶ=東京都千代田区で、玉城達郎撮影

 100軒以上の中華料理店に足を運んだ。「本当のチャーハンとは何か」。冷凍食品大手・ニチレイフーズ(東京都中央区)の家庭用商品部長、松田大資さんら商品開発チームは、その答えを求め続けた。

 定番商品の開発に各社がしのぎを削るさまは、「チャーハン戦争」とも呼ばれる。同社が冷凍チャーハンの改良に取り組んだ歴史は20年を超えるが、味を改良するための研究は今も続く。

この記事は有料記事です。

残り3075文字(全文3254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 神奈川で新たに1人感染 50代男性が重症で入院中 新型肺炎

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです