メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冷凍食品100年 暮らしあたためて

安全管理は「人と機械の目」で 毒物混入事件乗り越え

冷凍ギョーザの材料となる冷凍ニラを目視で選別する従業員たち=群馬県大泉町の味の素冷凍食品関東工場で、宮武祐希撮影

 細かく刻まれた冷凍ニラを白い作業台に広げ、両手で手際よく選別していく。規格より大きいと、製品からはみ出たり食感に影響したりしかねない。冷凍ギョーザを製造する味の素冷凍食品の関東工場(群馬県大泉町)では、社内の実技テストに合格した従業員2人がこの工程を担う。人の目による異物チェックの意味もあり、まなざしは真剣だ。

 同社の冷凍ギョーザは、家庭用と業務用を合わせて年間約1億パック販売する人気商品だ。家庭用の主力工場である関東工場では、原料の保管から製品の出荷まで、徹底した安全管理が行われている。

 作業台で選別したニラは、側面にQRコードが付いたトレーに移され、一定量ずつ管理される。関東工場の品質管…

この記事は有料記事です。

残り3187文字(全文3487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 東京マラソン「大規模イベントに当たらない」 日本陸連、予定通り開催

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです