メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冷凍食品100年 暮らしあたためて

台風被害のリンゴもおいしく被災地支援 食品ロス削減も スイーツも人気

台風の被害を受けた地域では、収穫前のリンゴが大量に落下し、農家に打撃を与えた=長野市穂保のリンゴ畑で2019年12月15日、原奈摘撮影

 2019年10月、大型の台風19号が日本列島を襲った。長野県北部の須坂市で果樹園を営む田中久子さん(45)は、強風で木から落ちたリンゴを前に途方に暮れた。台風の直撃前に収穫を急いだが追いつかず、行き場を失ったリンゴは計1トン近くあった。

 リンゴに目立った傷はなかったが、通常の出荷ルートでは「ただ同然」の価格にしかならない。大きな被害を受けた品種「秋映(あきばえ)」は長期保存に向かず、残された時間は少なかった。販売先を探していた時、知人を介して冷凍専門商社「デイブレイク」(東京都品川区)を知った。

この記事は有料記事です。

残り2333文字(全文2584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです