メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

冷凍食品100年 暮らしあたためて

暮らしの中で上手に活用するコツは…… おもてなし料理にも

和風クリームシチュー=東京都中野区で、吉田航太撮影

 総菜や野菜、果物など、多種多様な商品が販売されている冷凍食品。暮らしの中で上手に活用する方法を知りたい。料理研究家の浜内千波さんに、手軽に作れておもてなし料理にもなる4品を紹介してもらった。

 クリームシチューは、冷凍食品の定番と言える鶏肉の唐揚げを具材として使う。冷凍の総菜は味が付いているため、鍋には入れない。電子レンジで温めたら皿に盛り、上からシチューをかける。浜内さんは「加工食品は料理の素材として考えて」とアドバイスする。唐揚げの代わりに、魚のフライやシューマイ、ギョーザ、肉団子などを使ってもよい。

 シチューに入れた野菜は、ニンジン、カリフラワー、ブロッコリーなどが入った冷凍洋風野菜ミックスと冷凍サトイモ。サトイモから順番に凍ったまま鍋に入れ、牛乳とみそで味を付ける。みそは牛乳の臭みを抑え、少し和風の味になるため食べやすいという。

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 新型コロナ検査、実際は「1日平均約900件」 厚労相「3800件は最大限可能な数字」 

  3. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  4. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです