メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オンラインゲーム「荒野行動」 大麻購入持ちかけ、犯罪続発 親密になれる特性悪用

人気のオンラインゲーム「荒野行動」の画面。ゲームを通して知り合った相手に誘われ未成年者が事件に巻き込まれるケースもあった=福岡市中央区で、矢頭智剛撮影

 福岡県内の中学生が2019年12月、複数のプレーヤーが戦い合う人気のオンラインゲーム「荒野(こうや)行動」で知り合った何者かに大麻の購入を持ちかけられた。全国では未成年者がオンラインゲームを通じて近づいてきた相手に誘い出され、犯罪に巻き込まれたケースもある。インターネット上で協力していくうちに知らない人同士も親密になるオンラインゲームの特性が悪用された形で、専門家は注意を呼び掛けている。

 県教委などによると、12月中旬、大麻の購入を持ちかけられた粕屋郡の中学生が学校に相談して発覚した。生徒は購入しなかった。近隣の学校は同様の誘いがあった場合、速やかに警察と担任に連絡するよう保護者にメールで注意喚起したが、メールを受け取った保護者の女性は「子供のネット上のやりとりをすべて把握するのは難しい」と悩む。

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです