メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オンラインゲーム「荒野行動」 大麻購入持ちかけ、犯罪続発 親密になれる特性悪用

人気のオンラインゲーム「荒野行動」の画面。ゲームを通して知り合った相手に誘われ未成年者が事件に巻き込まれるケースもあった=福岡市中央区で、矢頭智剛撮影

 福岡県内の中学生が2019年12月、複数のプレーヤーが戦い合う人気のオンラインゲーム「荒野(こうや)行動」で知り合った何者かに大麻の購入を持ちかけられた。全国では未成年者がオンラインゲームを通じて近づいてきた相手に誘い出され、犯罪に巻き込まれたケースもある。インターネット上で協力していくうちに知らない人同士も親密になるオンラインゲームの特性が悪用された形で、専門家は注意を呼び掛けている。

 県教委などによると、12月中旬、大麻の購入を持ちかけられた粕屋郡の中学生が学校に相談して発覚した。生徒は購入しなかった。近隣の学校は同様の誘いがあった場合、速やかに警察と担任に連絡するよう保護者にメールで注意喚起したが、メールを受け取った保護者の女性は「子供のネット上のやりとりをすべて把握するのは難しい」と悩む。

この記事は有料記事です。

残り1166文字(全文1520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 「世界の人々に感謝」 カナダ在住の被爆者サーロー節子さん、発効目前の核兵器禁止条約に

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです