特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

TOKYOスイッチ

第1部 理念/1 SDGsの理念はどこへ 使い捨てられた21万枚、五輪建設木材の出所を訪ねた

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
伐採した木材を運ぶトラック=マレーシア・サラワク州のアナップ・ムプト森林管理区近くで、金子淳撮影
伐採した木材を運ぶトラック=マレーシア・サラワク州のアナップ・ムプト森林管理区近くで、金子淳撮影

 東京五輪・パラリンピックの会場となる国立競技場(東京都新宿区)や有明アリーナ(江東区)などの競技場は、スギやカラマツなどの日本の木材がふんだんに使われ、木のぬくもりが表現された。だが、新設された九つの競技場では、31万枚を超えるコンクリート型枠合板に使い捨ての木材が使われた。その3分の2以上はインドネシアとマレーシアの熱帯材だ。中には、森林を切り尽くして出た「転換材」も含まれていた。これらの木材はどんな森から来たのだろうか。2019年12月、雨期の熱帯へ木材の出所を訪ねる旅に出た。【金子淳】

この記事は有料記事です。

残り4763文字(全文5012文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集