メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TOKYOスイッチ

第1部 理念/1 SDGsの理念はどこへ 使い捨てられた21万枚、五輪建設木材の出所を訪ねた

伐採した木材を運ぶトラック=マレーシア・サラワク州のアナップ・ムプト森林管理区近くで、金子淳撮影

 東京五輪・パラリンピックの会場となる国立競技場(東京都新宿区)や有明アリーナ(江東区)などの競技場は、スギやカラマツなどの日本の木材がふんだんに使われ、木のぬくもりが表現された。だが、新設された九つの競技場では、31万枚を超えるコンクリート型枠合板に使い捨ての木材が使われた。その3分の2以上はインドネシアとマレーシアの熱帯材だ。中には、森林を切り尽くして出た「転換材」も含まれていた。これらの木材はどんな森から来たのだろうか。2019年12月、雨期の熱帯へ木材の出所を訪ねる旅に出た。【金子淳】

 起伏の激しい森の小道を抜けていく。丘を越えると、一気に視界が広がった。運河沿いの森が切り開かれ、むき出しの地面に木材が積み上げられている。30度を超える日差しの中、土ぼこりのにおいが鼻をつく。

 かつては、マングローブの森だった。絶え間なく鳥のさえずりが響き、木々の隙間(すきま)からときおりサルが顔を出す。根をかき分けてカニを探すのが楽しみだった――。近くの村に住むサムスル・バハリーさん(35)は木材の山を見つめながら、つぶやいた。「森が死にかけているようだ」

この記事は有料記事です。

残り4531文字(全文5012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭さんら逮捕に日本は「重大な懸念」どまり 欧米との落差「弱腰」批判、SNS上で広がる

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 東京から青森に帰省したら中傷ビラ 「こんなものが来るとは」

  4. 母の呼び掛けにやぶから声 「斜面を滑り落ち動かずじっと」 新潟小6男児保護

  5. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです