メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国のゲノム編集ベビー 研究者に懲役3年判決 協力者2人にも実刑や罰金刑

賀建奎被告=AP

 国営中国中央テレビは30日、エイズウイルス(HIV)感染を抑止するためにゲノム編集技術を使ってヒトの受精卵の遺伝子を改変し、双子を誕生させたと公表した広東省の南方科技大元副教授の賀建奎(が・けんけい)被告について、深圳市南山区の裁判所が懲役3年、罰金300万元(約4700万円)の実刑判決を言い渡したと伝えた。

 裁判所によると、2016年以来、賀被告はゲノム編集技術で商業的な利益を得るために、広東省内の医療関係者2人と共謀。夫だけがウイルスに感染しているカップルなどの受精卵にゲノム編集を実施、2人を妊娠させ、双子を含む3人の「ゲノム編集ベビー」を誕生させた。倫理審査書類も偽造していた。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです