メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝 旭化成「勝負はアンカー」、トヨタ自「優勝しかない」 有力チーム監督に聞く

ニューイヤー駅伝での健闘を誓う(前列左から)村山謙、服部勇、設楽悠、井上ら各チームの選手たち=前橋市で2019年12月30日午後3時20分、黒澤敬太郎撮影

 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)に出場する前回大会上位チームの監督は30日、チームの状況や目標などを次のように語った。

 チームの状態は順調。きちんと調整できた。やはり勝ちたい。旭化成らしいレースをしたい。今年も激戦になり、勝負はアンカーまでもつれるのでは。

 旭化成とトヨタ自動車が2強と言われているが、そこに割り込む仕上がり。優勝を狙って戦いたい。4区までにトップに立ちたい。

 現状のベストメンバーが組めた。まずまず…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです