メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「筋トレ一家」が夢見る花園制覇 常翔学園・為房主将 自宅ジムで肉体鍛え上げ

父賢二さん(奥)が自宅ガレージを改装したトレーニングルームで、バーベルを挙げる常翔学園の為房慶次朗主将=大阪市大正区で2019年12月6日、幾島健太郎撮影

 第99回全国高校ラグビー大会で30日の2回戦に登場した常翔学園(大阪第2)の為房慶次朗主将(3年)は、自宅ガレージを改装したジムでトレーニングを重ねてきた。同校OBの父と、総合格闘家を目指す大学生の兄の背中を追い、ストイックに鍛錬を続ける為房選手。一家で作り上げた強靱(きょうじん)な肉体で、「歴史を塗り替える」と第92回大会以来の優勝を狙う。

 為房選手は中学時代、柔道とラグビーで全国区の活躍を見せた。進路に悩んだが「柔道は好きだが、みんなでボールを追いかけたい」とラグビーを選び、最終的に父賢二さん(51)の母校・大阪工大高(現常翔)に進んだ。

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです