メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝展望 エース投入の4区に加え、有力チームは5区でも勝負できる陣容

ニューイヤー駅伝での健闘を誓う(前列左から)村山謙、服部勇、設楽悠、井上ら各チームの選手たち=前橋市で2019年12月30日午後3時20分、黒澤敬太郎撮影

 第64回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場37チームのオーダーが30日、発表された。

 4連覇を狙う旭化成、4年ぶりの頂点を目指すトヨタ自動車、前回は4秒差で初優勝を逃したMHPS、東日本大会覇者のコニカミノルタは、いずれもエース格の選手を最長の4区(22・4キロ)に据えた。さらに向かい風が予想される上りの5区(15・8キロ)でも勝負できるオーダーを組んだ。

 旭化成は1区(12・3キロ)に前々回以来の茂木を投入し、4区は前回に続き市田孝。5区には過去3回と同じ村山謙を据えた。トヨタ自動車は1区を経験豊富な藤本に任せ、主将の大石が9年目で初めて4区を担う。東京五輪マラソン代表の服部は前回に続き5区に回した。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです