メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢を主宰する利根川一雄さん(左)と小口弘毅医師

 ジャクリーン・ウォースウィック著「ヘレンハウス物語」が2018年9月に翻訳・発行された。この翻訳を担ったのが小児科医師の小口弘毅さんらだ。

 脳腫瘍で重い障害を残したヘレン・フランシスの家族の感動的な物語で、親の限りない愛情を受けながらヘレンは、障害をはるかに超えた一人の人間として生きた。 ヘレンと家族は愛し合い、お互いを必要とし、迷うことなく在宅生活を選んだことが「ヘレンハウス」が誕生する原点となったという。

 この本の中では、難病の子どもたちのために設立された「ヘレンハウス」の運営の様子や、難病や障害のある子どもと家族のための「こどもホスピス」と「レスパイト施設」創設への道筋が描かれている。

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  4. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです