メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・パラスポーツ

東京パラリンピック公式映画

2020年の東京パラリンピック公式映画の製作を発表した(左から)上田良一NHK会長、アンドルー・パーソンズIPC会長、森喜朗・東京2020大会組織委会長=東京都中央区で19年12月11日

 今夏の東京パラリンピックの公式映画が製作されることが決まった。国際パラリンピック委員会(IPC)、NHK、東京2020大会組織委が昨年12月11日に東京都内で記者会見して発表した。五輪と違い、公式映画の製作が義務付けられていないパラリンピックでは、14年のソチ冬季大会を機に地元放送局が製作し、ロシア国内で放送された作品が、唯一の公式映画として認められている。20年東京大会の作品は、IPCが製作段階から初めて関わる。大会後に世界中で公開されるのも初となる。

 今回の製作は、組織委がIPCとNHKに約1年前に持ち掛け、交渉を進めてきた。撮影はNHKが20年初頭から始める。通常の取材スタッフや、大会の競技映像撮影チームとは別グループが担当し、NHKはまず約100分のドキュメンタリー番組にまとめる。さらに、番組では使わなかった部分も含めて映像素材をIPCに渡し、映画が作られる。

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. 一斉休校は「科学より政治の悪い例」 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです