メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・視点

香川県坂出市建設経済部産業課主幹 福田倫丈

福田倫丈氏

ワンチームのまちづくり 対話力と信頼力のある職員を増やす

 今年の流行語大賞に選ばれた「ワンチーム」。ラグビーワールドカップで過去最高のベスト8まで勝ち残ったラグビー日本代表チームの原動力となったキーワードだ。

 この「ワンチーム」が本稿のキーワードでもあるが、その前に、私のこれまで自治体職員として歩んできた中で、このキーワードが思い浮かんできた理由などを織り交ぜながら、自治体職員の目指すべき役割等について所見を述べてみたい。

 私が入庁したのはバブル崩壊前の昭和60(1985)年。地元では、国家プロジェクトである瀬戸大橋の開通を間近に控え、坂出市が四国における人、物、情報の交流の結節点として発展し続けるものと、ほとんどの市民や市職員は期待を寄せていた。

この記事は有料記事です。

残り2724文字(全文3052文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  2. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  3. ファクトチェック 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 調理師死亡は「過労が原因」 大阪地裁が認定 ミシュラン掲載店に勤務

  5. 新型肺炎、高齢者や持病ある人に高い致死率 対策難しい無症状の人からの感染

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです