メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

最長政権 安倍最長政権の終焉は?

臨時国会が閉会し、記者会見で質問に答える安倍晋三首相=首相官邸で19年12月9日

 憲政史上最長の称号を得た政権もいつかは終焉の時を迎える。早ければ東京五輪・パラリンピック後の今秋、余力を残して後継者にバトンを渡すのではないかとの臆測も流れた。「レガシー」(遺産)と「禅譲」をキーワードに令和2(2020)年の政治を展望しよう。

 モリ・カケ・サクラでは辞められない。令和になって初めての正月を迎えた安倍晋三首相は今、こう考えているのではないか。

 安倍首相の通算在任期間が戦前の桂太郎の2886日を抜いたのは昨年11月。「桜を見る会」をめぐる醜聞で国会が紛糾するさなか、お祝いムードはかき消された。

この記事は有料記事です。

残り5174文字(全文5431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです