メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

春日丘、好機逃さず 監督・副主将・選手の話 /愛知

 キックチャージで試合開始1分足らずで先制トライのフランカー吉田は、県大会はリザーブだったが調子が良かったので起用した。相手のキックのモーションが大きく、キックチャージは狙い目だと思っていた。雨が強い日で、少しでも早く点を入れたかったので、運が良かった。FB阿曽はキックが安定していた。後半は小さいキックをゴール前でうまく使っていた。相手の留学生はカウンターの起点になる選手なので、あえて彼のところにボールを蹴って敵陣で彼を潰しにいくという戦術を取り、相手の得意なパターンにさせないようにした。次は8強入りをかけた6回目の挑戦。勝つための戦術を練りたい。

 緊張もあったが、雨の日は外で練習をして…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです