メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

2回戦 東海大大阪仰星、監督・ゲームリーダー/大阪桐蔭、監督・主将/常翔学園、監督・主将の話 /大阪

 前半のうまくいかなかった場面を踏まえ、相手がやりたいことをさせないよう丁寧にプレーしていた。雨天に備え準備してきたモール攻撃は選手たちの判断で選択した。次戦も基本を徹底し、ひたむきに戦い続ける。

 ジャージーを着られない仲間のため体を張って前に行く。掲げたテーマを実践できた。前半のなかなか得点できない状況は想定内。トライを取られても慌てなかった。次戦は前半からうまく波に乗りたい。

 1本目のトライがきれいに取れて勘違いしたことで、前半の途中から30分まで相手の時間帯になり自分たちの弱さが出た。いいタイミングで経験できた。奥井と江良に頼る癖が抜けない。

 (前半23分から2トライを奪われ)気の…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 大阪府で新たに41人感染確認 1日あたり最多 死者4人に 新型コロナ

  3. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染 

  4. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです