メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

東明、意地の1トライ シードの常翔学園に敗れる /大分

【常翔学園-大分東明】後半、大分東明の太田がディフェンスを振り切り突進

 東大阪市花園ラグビー場で開催されている第99回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の2回戦で、大分東明は、Bシードの常翔学園(大阪第2)に5―83(前半5―40、後半0―43)で敗れた。5回の優勝経験がある相手に力で圧倒されたが、前半に1トライを返す意地を見せた。初出場で初戦を突破し、強豪に敗れはしたものの、最後まで諦めず、果敢に相手に向かっていった選手たちに、スタンドからは大きな拍手が送られた。【添島香苗】

 県内王者の大分舞鶴の壁を乗り越え、初戦も勝利した大分東明だったが、全国トップレベルの壁は厚かった。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  2. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  3. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  4. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  5. 新型コロナ コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです