メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

3世代で正月 意識次第で円満

面取りした木のおもちゃで遊ぶ親子。シンプルなものほど、みんなで楽しめるという=東京都新宿区のおもちゃ美術館で、谷本仁美撮影

 あすから新年。「正月は子どもを連れて実家に帰省してのんびり」という人は多いだろうが、数日でも3世代が一つ屋根の下でいると、家事分担や孫との接し方などで気苦労や摩擦も生じやすい。行く側、迎える側それぞれの上手な対応のコツを聞いた。

 ●基本は「郷に従え」

 「身内とはいえ、よそのお宅にお邪魔しているつもりで割り切りましょう」。そうアドバイスするのは、幼児教育に長く携わり、子育て関連の執筆や講演をしている立石美津子さん(58)。19歳の長男には発達障害があり、自身の体験から「理想を押しつけないテキトー(適当)子育て」の大切さを説いている。

 子どもが混乱しないよう、しつけは各家族間で共通ルールを定めておくべきだと考える立石さんだが、配偶者の実家での基本は「郷に従え」。世代間ギャップもあり家事や子育ての考えが違うのは当たり前なので、義父母の厚意をくみ、むやみに衝突せず無難に振る舞うのが得策という。

この記事は有料記事です。

残り1095文字(全文1494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  3. サッカー・ルヴァン杯 26日開催の7試合中止に 新型コロナ感染拡大

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです