特集

ゴーン被告逃亡

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が2019年にレバノンに逃亡。なぜ逃亡できたのか。今後の裁判の行方は。

特集一覧

ゴーン被告、レバノンでは「もっとも成功したビジネスマン」 国籍も保有

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
カルロス・ゴーン被告=東京都千代田区で2019年5月23日、玉城達郎撮影
カルロス・ゴーン被告=東京都千代田区で2019年5月23日、玉城達郎撮影

 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版などは30日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が日本を出国し、中東レバノンの首都ベイルートに到着したと報じた。どういった条件で入国できたのかなど詳細は不明という。

 ゴーン被告はレバノンの国籍を保有しており、FTによるとゴーン被告は29日にベイルートの国際空港に到着。プライベートジェットを使ったと報じている地元メディア…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

【ゴーン被告逃亡】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集