メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

鶴瓶さん、紅白へ縁結び 天童よしみさん「大阪恋時雨」と、もう一人の歌姫

笑福亭鶴瓶さん=2019年11月、丸山博撮影

 かつてのような、国民のほとんどが見るような高視聴率をたたき出す「お化け番組」ではなくなったNHK紅白歌合戦だが、好きな歌手が出演するなら、その時間だけは見る、という人はいるだろう。

 今年はぜひ聴きたい歌がある。それは、紅組のトリを3回も務め、いつもなら後半、最後の方に登場する、今回で24回目の出場となる演歌の女王、天童よしみさんの「大阪恋時雨」。作詞、作曲は、日常の生活での出来事を大切にショッピングモールで歌い続ける「ショッピングモールの歌姫」、シンガー・ソングライターの半崎美子さん。そして、この天童さんと半崎さんをつないだのは、実は笑福亭鶴瓶さんだ。

 半崎さんはまだ無名の時に、鶴瓶さんに自分の歌のCDを渡した。なぜ鶴瓶さんに、と聞くと、「ラジオのファンで鶴瓶さんをよく聴いてました。鶴瓶さんなら、きっと聴いてくれると思ったから」。鶴瓶さんは昔から音楽番組もやっていて、いろんなジャンルの曲を聴き、ラジオでの選曲もすばらしい。歌手の友人も幅広い。半崎さんもラジオでそれを知っていた。

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1388文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  2. 「国は緊急事態宣言を」 大阪府知事、感染経路不明増加で 新型コロナ

  3. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです