特集

ゴーン被告逃亡

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が2019年にレバノンに逃亡。なぜ逃亡できたのか。今後の裁判の行方は。

特集一覧

ゴーン被告が批判「有罪が仕組まれた日本の司法の人質にならぬ」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 会社法違反などの罪で起訴され、保釈中の日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告は米国の代理人を通じて30日(日本時間31日)に声明を発表し、「私は今、レバノンにいる」と明らかにした。その上で「これ以上、(有罪が)不正に仕組まれた日本の司法制度の人質にはならない」と主張した。

 ゴーン被告は声明で、日本の司法制度は「…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文322文字)

【ゴーン被告逃亡】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集