メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

演芸回顧2019 亡くなられた方々 下ネタも懐かしいケーシーさん、きちょうめんな三金さん

ケーシー高峰さん=2016年3月、望月亮一撮影

 年末年始は、今は亡き人をしのび、楽しい日々を思い出す時間でもある。今年亡くなった芸能関係者を振り返りたい。

     ■

 もう今の世代の人は、1960年代に日本でも人気となったアメリカの医療ドラマ「ベン・ケーシー」をほとんど知らないだろう。ケーシー高峰さんは、ドラマで流されたテーマ曲とともに登場。もちろん白衣はあのかっこいい、そして動きやすい「ケーシー白衣」。芸名は、子供の頃、地元・山形にロケで来た高峰秀子に一目ぼれして付けた。

 お正月の演芸番組や笑点の演芸コーナーでは常連だったが、どうしても制約があるテレビとは違って、舞台ではさらにテンションが上がり、切れ味もさえた。

この記事は有料記事です。

残り2795文字(全文3083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  2. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  3. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです