メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

能を楽しもう(2の後編) 喜寿過ぎて初役、フォトセッションも~武田志房さんに聞く

能楽師の武田志房さん=東京都渋谷区の国立能楽堂で、油井雅和撮影

 時代は変わり、お正月の季節感がどんどん薄れつつある今の日本。だからこそ、普段慣れ親しんでいない芸能に触れてみてはいかがだろう。

 東京・千駄ケ谷の国立能楽堂は、完成した国立競技場も、明治神宮も近い。能を見て、競技場を外からながめ、明治神宮へ参拝、というのもおすすめだ。

 1月4日、国立能楽堂で開かれる新年初の公演で、能「西王母(せいおうぼ)」に出演する、観世流の武田志房(ゆきふさ)さん(77)に話をうかがった。「能楽界の重鎮」「生き字引」と呼ばれる方だが、遊びやお酒が大好きという一面も隠すことなく話してくださる魅力的な方だ。

 後半は、「西王母」、出された本について、そしてこれからの能楽界について、語っていただいた。

この記事は有料記事です。

残り1928文字(全文2238文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです