メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

能を楽しもう(3の前編)日本人の財産「高砂」若い人は謡って 山井綱雄さんに聞く

「高砂」について話す山井綱雄さん=国立能楽堂で、油井雅和撮影

 お正月は、やっぱりおめでたい芸能を初めに見たい。元日朝のテレビでは、能楽では別格の曲「翁(おきな)」が放送されるので、録画してでもぜひ見ていただきたい。さらに、能楽でおめでたい曲といえば「高砂」がある。「高砂や この浦舟に 帆を上げて」で始まり、かつては「結婚披露宴で謡うおじさん」が必ずいたので、「ああ、あれか」という方もいるだろう。落語の「高砂や」でご存じの方もいるかもしれない。学校などでの能楽公演で、この「高砂」を歌ってもらおう、覚えてもらおうと奔走している、金春流(こんぱるりゅう)能楽師の山井綱雄さんに「高砂」についてうかがった。

 年末の国立能楽堂、女子高校生を前にした能楽公演をのぞかせてもらうと、生徒たちが紙を見ながら、大きな声で「高砂」を謡っていた。学校で練習をしてきたのだろう。実に見事なものだ。山井さんは、指導の前に、生徒に向けて「日本人とはなにか、自分で考えて感じてください」と話していた。

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1627文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです