メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村哲さん銃撃1カ月 「人はそれほど醜くもない」伴走した編集者が語る「志の深さ」

 アフガニスタンで医療・農業支援に取り組んでいる福岡市のNGO「ペシャワール会」現地代表で医師の中村哲さんが現地で活動中に銃撃され、73歳で亡くなって1カ月。中村さんとはどんな人だったのか。会の広報担当理事であり、30年以上も活動を支えてきた出版社「石風社」(福岡市)代表の福元満治さん(71)は語る。「経済至上主義の物質的な豊かさとは無縁で、なおかつ清貧だとか平和を声高に語ることはない。理想について説教をすることなく、具体的に実践する。かといって聖人君子とも違う。ちょっとあまのじゃくで、物質文明の中で、それと異なる世界を見ている人がいた。それが中村先生だった」【西部報道部/佐野格、飯田憲】

 「いつかこんなことが起こるだろうと思っていた。でもいまだに現実感がない。火葬場で中村先生のお骨も見…

この記事は有料記事です。

残り2513文字(全文2861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 首相、違法な桜名簿管理は「民主党政権を前例として漫然と引き継いだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです