特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東北のサポーターたち

2020五輪・パラ 秋田から世界へ 選手の飛躍に力(その1) /秋田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
選手らの「カルテ」をチェックする医療チームのメンバー=秋田市で
選手らの「カルテ」をチェックする医療チームのメンバー=秋田市で

 東京五輪・パラリンピックが開催される2020年が始まった。世界の人々の記憶に刻まれる平和とスポーツの祭典には200以上の国・地域からのアスリートの参加が見込まれている。秋田からこの祭典を支える人たちを紹介する。

医療チームがケア、助言

 秋田大医学部付属病院(秋田市)のリハビリテーション室に置かれたパソコンのモニターには、北都銀行バドミントン部の選手たちの顔写真が並んでいた。顔写真をクリックすると、各選手がこれまでにけがをした部位や手術データなどが表示されるという。整形外科の医療チームが開発した「カルテ」だ。

 医療チームは東京五輪日本代表候補の永原和可那・松本麻佑ペアも所属する女子バド部の選手をボランティアで支援している。サポート内容はかなり幅広い。

この記事は有料記事です。

残り1476文字(全文1804文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい