メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャレンジ2020~彩の国から~

/1(その1) 可能性信じ世界へ パラローイング・遠藤隆行選手 /埼玉

顔をゆがめながらダンベルを持ち上げる遠藤隆行選手=埼玉県坂戸市泉町で19年12月10日、橋本政明撮影

 2020年。いよいよ東京五輪、パラリンピックの年です。スポーツは日々、小さなチャレンジの連続です。選手らのチャレンジにエールを送りつつ、私たちも何か一つ、小さなことでもいいので挑戦できるきっかけになればと、お正月の紙面は選手や支える人たちの「チャレンジ」を取り上げます。20年がチャレンジにあふれたすてきな年になるよう、願いを込めて――。【鷲頭彰子】

 居間に置かれたベンチに腹ばいになり、苦しげな息づかいと共に、両手でダンベルを胸元まで持ち上げていた。大粒の汗がベンチに敷かれたタオルに吸い込まれていく。

この記事は有料記事です。

残り1396文字(全文1649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

  3. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  4. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

  5. かまぼこ商品「うな次郎」ウナギフリーにリニューアル 絶滅危惧に配慮 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです