メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京半世紀1964-2020

64年、五輪の時代 急速なインフラ整備、五輪が契機 交通技術ライター・川辺謙一さん /東京

駒沢オリンピック公園。陸上競技場、球技場、体育館などを備えた=世田谷区で1964年8月、本社ヘリから川辺信一撮影

ああ、あの高揚感 今も残る64年生まれの建物やインフラ

 1964年東京五輪の際に進められた社会基盤の整備について、「オリンピックと東京改造」の著書がある交通技術ライター、川辺謙一さん(49)は「五輪は本来関係ないが、整備を早める契機になった」と指摘する。

 64年東京五輪の際は、「東京改造」というべき大規模な都市開発が巨額の経費をつぎ込んで急速に進められた。代表例は、東海道新幹線や首都高速道路、地下鉄、そして都民生活を支える上下水道の整備だ。民間事業でも、ホテルニューオータニのような宿泊施設の整備も進んだ。

 整備は東京五輪のためだけではない。そもそも「首都建設法」の50年施行で、国は急激な人口増加に対応す…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです