連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

お正月に餅なぜ食べるの? ハレの日に「力つく」 宮中行事由来の説も=回答・大沢瑞季

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
サケを使う新潟県の雑煮=北翔大の小田嶋政子名誉教授提供
サケを使う新潟県の雑煮=北翔大の小田嶋政子名誉教授提供

 なるほドリ お正月に餅(もち)を食べるのはなぜなの?

 記者 全国餅工業協同組合によると、古くから餅には食べると力がつき、生命再生の霊力(れいりょく)があると信じられ、季節の行事や節目の祝いなどハレの日に餅を食べる習慣が広がったとされています。平安時代の宮中での正月行事「歯固めの儀(ぎ)」に由来するとも言われています。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文648文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集