メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大統領、北京訪問の意向 米中貿易交渉の第2段階開始へ

トランプ米大統領=米ワシントンで2019年12月18日、AP

[PR]

 トランプ米大統領は31日、米中貿易戦争の収束に向けた「第1段階」の合意について、ツイッターで「1月15日にホワイトハウスで署名式が行われる」と明らかにした。さらに「後日北京を訪問し、第2段階の協議を開始する」との意向を表明した。

 米中両政府は昨年12月13日に「第1段階」合意を発表し、署名に向けて協定文書の策定を進めていた。トランプ氏は第1段階の合意について「とても大規模で包括的な協定」と評価し、「式典には中国からハイレベルの代表者が出席する」と述べた。中国の劉鶴副首相と、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が出席するとみられる。

 米側によると協定文書は86ページ。中国による米農産品購入拡大や、知的財産権保護強化、為替政策の透明性向上などが含まれる。トランプ政権が問題視する産業補助金など中国の構造問題は「第2段階」の協議で取り上げられる見通しだ。【ワシントン中井正裕】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 中国新型肺炎 「ヒトからヒト」感染確認 「医療従事者14人への感染も」

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです