メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

逃亡のゴーン被告に「人生の最高の贈り物」と妻 計画も主導 レバノンでの裁判模索 米紙報道

カルロス・ゴーン被告=小川昌宏撮影

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は12月31日、金融商品取引法違反などに問われ保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告について、逃亡は数週間前から計画され、妻のキャロルさんが主要な役割を果たしていたと報じた。日本の「共犯者」の助けを借り、「チーム」が先週末に集まって実行に移したとしている。

 同紙によると、飛行追跡データを分析した結果、ゴーン前会長が乗っていたとみられるプライベートジェットは29日午後11時10分に関西空港を離陸。30日朝にトルコ・イスタンブールのアタチュルク空港に到着した。その後、別の小型ジェット機がレバノンに向かっており、いずれもトルコの航空会社が運航していた。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです