のんさん、鉄道への思いを語る「私も駅員の一員と思っています」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
制服に身を包みポーズをとる俳優ののんさん=大阪市北区のJR大阪駅で、幾島健太郎撮影
制服に身を包みポーズをとる俳優ののんさん=大阪市北区のJR大阪駅で、幾島健太郎撮影

 JR西日本の「ホーム転落防止キャンペーン」のイメージキャラクターとして活躍中の、関西出身の女優、のんさん。近年は女優活動だけではなく、「創作あーちすと」の肩書で、芸術分野に活動の場を広げている。JR大阪駅で昨年末に開かれたイベントで、鉄道への思いを語った。

――鉄道はお好きですか?

のん 楽しいです。(駅員の仕事を知ることで)仲間意識がすごく高まって、私も一員と思っています。(2017年に)イメージキャラクターになるまで、ホームでは前に進むことだけを考えていました。今は安全かどうか、常に見張っています。安全を守らなきゃいけない。使命感があります。駅員さんを見ると「ファイト!」とか、すごく思いますね。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文784文字)

あわせて読みたい

注目の特集