メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HOTプロ野球

米国選手が「足の親指からボールが出てくる」と騒いだ 70年前の元祖サブマリン

南海から西鉄に移籍した後の武末投手

 来夏の東京五輪で金メダルを目指す野球の日本代表「侍ジャパン」の投手陣で活躍が期待されるのが、下手投げの高橋礼投手(24)だ。今年の国際大会「プレミア12」では、外国の打者を翻弄(ほんろう)し、優勝に貢献した。下手投げは、外国選手にとって珍しく、タイミングを合わされにくいとされるが、実は「元祖サブマリン」の南海(現ソフトバンク)の武末悉昌(しっしょう)投手(故人)も約70年前、米国打線をきりきり舞いさせていた。南海時代の同僚で、近鉄の監督や球団代表も務めた岡本伊三美氏(88)に、武末投手について聞いた。【中村有花】

 武末投手は1922年生まれ。旧制筑紫中(現福岡県立筑紫丘高)から大連高商に進学。48年の第19回都市対抗野球で西日本鉄道のエースとして5試合を一人で投げ抜き、優勝に導いた。49年、南海に入団。この年の10月、戦後初めて米大リーグのマイナーチーム、サンフランシスコ・シールズ(当時の新聞の表記はシールス)が来日し、親善試合が行われた。武末投手は西軍の先発としてマウンドに上がり、6回1失点と好投。翌日…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文1111文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです