ニューイヤー駅伝 旭化成が4連覇、最多25回目 6区でトヨタ自逆転

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1位でフィニッシュする旭化成のアンカー・鎧坂哲哉=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影
1位でフィニッシュする旭化成のアンカー・鎧坂哲哉=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100キロのコースで行われ、旭化成が4時間46分7秒の大会新記録で4連覇を果たし、自らの最多優勝記録を25回に伸ばした。6区で高卒2年…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

あわせて読みたい

注目の特集