メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「うちAシードでした?」 京都成章、薄氷の勝利 個の力、石見智翠館に阻まれ

【京都成章-石見智翠館】後半、京都成章の山田が独走しゴール前に持ち込む=東大阪市花園ラグビー場で2020年1月1日、山崎一輝撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第4日の1日、東大阪市花園ラグビー場で3回戦8試合。春の近畿大会を制したAシードの京都成章は石見智翠館(島根)を24―15で破った。

 相手の術中にはまりながら、京都成章が自慢のFW戦で8強への扉をこじ開けた。「うちAシードでした?」。何とか面目を保った湯浅監督の苦笑いが2試合連続の薄氷の勝利を物語っていた。

 高校ラグビー史上最も大型とされる京都成章FW陣。先発の平均体重は99・6キロに達する。強豪大学並みの布陣だ。一方の石見智翠館は91・8キロ。それでも、素早く防御ラインを整え、しつこく複数でタックルを繰り返す。この組織的な守りに、京都成章は「個」の力を吸収される。球出しは遅れ、攻撃は停滞。キックやターンオーバーを起点に少ない好機をものにした相手を追う展開となった。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです