メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸が鹿島降し天皇杯覇者に 3大タイトル初V 新国立初の公式戦

【神戸-鹿島】前半、神戸のポドルスキ(中央)がシュートを放ち先制のオウンゴールとなる=東京・国立競技場で2020年1月1日、宮武祐希撮影

 サッカーの天皇杯全日本選手権は1日、2019年11月末に完成した東京・国立競技場で最初のスポーツ公式戦として決勝が行われ、神戸が鹿島を2―0で破って初優勝を果たした。神戸はクラブ創設25年で初めて国内3大タイトルを獲得し、令和最初の天皇杯覇者となった。3大会ぶり6度目の優勝を目指した鹿島は、今季は無冠に終わった。

 神戸は前半18分、オウンゴールで先制。同38分にFW藤本のゴールで加点した。終了間際には今季限りで現役を引退する元スペイン代表FWビジャが出場し、花道を飾った。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです