メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京・森監督「攻撃でリズム作れず」 熊田主将「自分たちのラグビーやり切れた」

【東海大大阪仰星-東京】後半、ゴール前のラックからパスを受けた東京の杉本が飛び込みトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年1月1日、小出洋平撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第4日の1日、東大阪市花園ラグビー場で3回戦8試合。Bシードの東京(東京第1)は、同じくBシードの東海大大阪仰星(大阪第3)に5-17で破れた。東京の森秀胤監督は「攻撃でリズムを作れなかった」と振り返り、熊田力丸主将は「自分たちのラグビーをやり切れた」と語った。森監督と熊田主将の談話は以下の通り。【井川諒太郎】

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです