「当たり前の積み重ね」で飛躍 JR東日本、ニューイヤー駅伝で4位初入賞

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
1区、第1中継所の手前でJR東日本・大隅(左)が先頭に立つ=群馬県で2020年1月1日、滝川大貴撮影
1区、第1中継所の手前でJR東日本・大隅(左)が先頭に立つ=群馬県で2020年1月1日、滝川大貴撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100キロのコースで行われ、JR東日本が4位に入り、14回目の出場で初の入賞(8位以内)を果たした。

 グリーンのユニホームが存在感を見せた。過去最高が12位だったJR東日本が4位に入り、14回目の出場で初の入賞。大島唯司監督が「ジャンプアップしすぎ」と驚く快走を演じた。

 1区で4年目の大隅がチーム史上初の区間賞を獲得。その後19位まで後退したが、4区で作田直が「自分の設定ペースで押し通そう」と強気に攻め、区間5位の好走で13位に押し上げた。勢いを取り戻したチームは5区・黒川が区間4位、6区・其田も区間2位と、気迫に満ちた走りで4位争いに浮上。最後は寺田がGMOインターネットグループとの競り合いを制した。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文650文字)

あわせて読みたい

注目の特集