初出場GMO5位 アンカー下田、フィニッシュ後「悔しい」と叫ぶ ニューイヤー駅伝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
5位でフィニッシュするGMOインターネットグループのアンカー・下田裕太=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影
5位でフィニッシュするGMOインターネットグループのアンカー・下田裕太=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100キロのコースで行われ、創部4年で初出場のGMOインターネットグループが、4時間50分46秒で5位入賞を果たした。

 初陣としては上々の結果にも思えたが、GMOインターネットグループの花田勝彦監督は「やるからには優勝を狙っていた」。アンカーの下田裕太はフィニッシュ後、「悔しい」と何度も叫んだ。

 1、2区で上位につけ、3区の森田歩希(ほまれ)でトップに立つのが理想のプランだったという。だが、旭化成をはじめとした有力チームが序盤からハイペースで引っ張る展開に。2区のビクター・キプキルイはトップと33秒差の12位で森田へつないだものの、花田監督は「高速レースは予想していたが、ここまでハイペースとは……」と驚きを隠せなかった。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文667文字)

あわせて読みたい

注目の特集