メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

初出場GMO5位 アンカー下田、フィニッシュ後「悔しい」と叫ぶ ニューイヤー駅伝

5位でフィニッシュするGMOインターネットグループのアンカー・下田裕太=前橋市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100キロのコースで行われ、創部4年で初出場のGMOインターネットグループが、4時間50分46秒で5位入賞を果たした。

 初陣としては上々の結果にも思えたが、GMOインターネットグループの花田勝彦監督は「やるからには優勝を狙っていた」。アンカーの下田裕太はフィニッシュ後、「悔しい」と何度も叫んだ。

 1、2区で上位につけ、3区の森田歩希(ほまれ)でトップに立つのが理想のプランだったという。だが、旭化成をはじめとした有力チームが序盤からハイペースで引っ張る展開に。2区のビクター・キプキルイはトップと33秒差の12位で森田へつないだものの、花田監督は「高速レースは予想していたが、ここまでハイペースとは……」と驚きを隠せなかった。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです