メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「チームのために頑張っただけ」 Honda大黒柱、設楽悠太好走 ニューイヤー駅伝

順位を五つ上げてHonda・5区の田口雅也(右)にたすきをつなぐ4区の設楽悠太=群馬県太田市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100キロのコースで行われ、マラソン前日本記録保持者の設楽悠太を擁するHondaは3位に入った。

 大黒柱はしっかりと役目を果たした。「チームのために頑張っただけ」。淡々とした口調のエースが、Hondaを3位へと導いた。

 過去3回区間賞に輝いている最長区間の4区。9位でたすきを受けると、前を追った。スピードの違いで、ライバルチームの主力を次々と抜き去った。3位と1秒差の4位まで浮上。5区で3位に押し上げた田口雅也のお膳立てをした。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです