メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

序盤の出遅れ響く…前回2位のMHPS17位 4区・井上が17人抜きの快走も ニューイヤー駅伝

区間新の走りでMHPSの5区・佐藤歩(手前右)にたすきをつなぐ4区の井上大仁(同左)=群馬県太田市で2020年1月1日、喜屋武真之介撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100キロのコースで行われ、前回2位のMHPSは、4区・井上大仁が区間新記録で17人抜きの快走を見せたが、序盤の出遅れが響いて17位だった。

 3区を終えて先頭から2分22秒差の25位。想定外の位置でたすきを受けても、MHPSのエース・井上は「やることは変わらない。1人ずつ拾っていく(抜いていく)だけ」と落ち着いていた。

 軽やかな走りで前を行く選手を次々に抜き去った。「後半も止まる感覚はなく、伸びた」と最長区間の4区(22・4キロ)を勢いよく駆け抜け、Hondaの設楽悠太が2年前に出した1時間4分19秒の区間記録を22秒更新。17人をゴボウ抜きし、2年連続で4区区間賞と意地を見せた。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  2. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 新型コロナ対応、評価トップは吉村大阪府知事 毎日新聞世論調査

  5. SNSの個人攻撃はなぜ繰り返されるのか 木村花さん急死で渦巻く議論と構造的課題

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです