メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「同点にされた時、まだチャンスはある、と切り替えた」 東福岡 広瀬主将

【東福岡-国学院栃木】後半、ラックからパスをつなぎ東福岡の広瀬がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2020年1月1日、小出洋平撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第4日の1日、東大阪市花園ラグビー場で3回戦8試合。Bシードの東福岡(福岡)が17―12で同じくBシードの国学院栃木(栃木)を破った。東福岡の広瀬雄也主将は「同点にされた時、自分たちがやってきたことをやればまだチャンスはある、と切り替えた」と決定機を振り返った。広瀬主将の談話は以下の通り。【石井尚】

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. サッカーキング リュディガー、トッテナムファンの反応に失望「人種差別が勝利した」

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. 日本酒の化粧水、女子高生コラボ 菊正宗、共同でデザイン /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです